仮締切LPF(ライナープラットフォーム)工法がNETIS(ネチス)に登録されました。[CB-110010-VE]

仮締切LPF工法協会

仮締切LPF工法概要

概要
本工法は、河川や海等の水中に設けた橋脚の補修、補強を行う際に、仮締切用のライナープレートを設置するための技術である。従来は潜水士による水中作業で組み立てを行なっていたが、本工法の活用により潜水作業が削減できるので、コストの縮減および工期短縮、安全性の向上が期待できる。
特徴
  1. 1.河川、海など水中部にある橋脚の補修・補強の期中空間を確保する。
  2. 2.従来のライナープレート工法を改良・改善し、施工性・品質性・安全性を向上し、工程短縮を可能とした技術。

施工フロー

施工フロー01~03

施工フロー04~06

仮締切LPF工法 協賛企業

仮締切LPF工法について詳しく知りたい方へ